西宮で胃カメラ・大腸カメラ・泌尿器科(頻尿、尿もれ)の悩みなら女性医師の『ほその内科 おなかクリニック』へ。風邪、頭痛、高血圧、骨粗しょう症等の内科、便秘、ピロリ菌などの消化器疾患、企業健康診断などに対応します。

花粉症

一般内科

花粉症について

花粉症について

せっかくの春爛漫に、花粉症の症状はつらいですよね。
「鼻水がでる」、「鼻が詰まる」ような鼻炎を大雑把に分類すると、風邪などの「感染性鼻炎」とそれ以外の「過敏性鼻炎」に分類されます。
過敏性鼻炎の中でもアレルギーによって起こる季節性アレルギー性鼻炎が花粉症であり、他の粘膜でも炎症を起こし「目がかゆい」などの症状も引き起こします。

花粉にはたくさんの種類があり、季節だけなく地域によっても異なります。春の花粉症ではスギ、ヒノキが有名です。特にスギは戦後の天然林伐採跡地(はげ山)に対する植林政策によって、全国どこでもスギ林が作られてしまったことによります。

また、関西では8月頃から10月にかけてブタクサやヨモギの花粉によって花粉症が引き起こされます。イネ科の花粉はほぼ一年中飛んでいます。
そして、西宮市を含む六甲山周辺地域では、3月~5月頃はカバノキ科(ヤシャブシ)による花粉症の方も多くみられます。

検査および診断

皆さんご自身で花粉症だと診断されているかもしれません。
厳密に診断するのであれば「鼻づまり」や「目のかゆみ」など花粉症の症状に加えて、アレルゲンとして花粉が同定できれば確定診断にいたります。また、花粉症と似た症状をおこす病気に、ハウスダストやダニ、カビなど他のアレルゲンによる通年性アレルギー性鼻炎があります。

アレルギー検査キット View39(アレルゲン39項目)

View39(アレルゲン39項目)

食べ物アレルギーやじんましん、花粉症、通年性鼻炎などにお困りで、アレルゲン(アレルギーの元になる物質)がはっきりしない方に行います。一度の採血で花粉(スギ、ヒノキ、ブタクサなど8項目)だけでなく、食物アレルゲン(ソバ、小麦、エビ、牛乳、卵などを含む20項目)、環境アレルゲン(ダニ、猫、犬)などを含む代表的なアレルゲンを同時に調べることができます(特異的IgE抗体を測定します)。

治療

アレルギーの一番の治療は、アレルゲンへの暴露を避けることが重要になります。
しかしながら、花粉症はそれが難しいことが多いため、あらかじめ花粉が飛ぶ時期より早い時期からアレルギーを抑える薬を服用することが重要です。

一般的には、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、短期使用のステロイド製剤などの薬剤が使用されます。また、目や鼻などの局所的な症状に対しては、抗炎症作用をもつ目薬および点鼻薬を使用します。スギ花粉など特定のアレルギーに対しては、アレルゲン免疫療法(減感作療法)も行われます。

院内のご紹介|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください

0798-69-1828

〒663-8025 兵庫県西宮市荒木町15-22

駐車場5台分クリニック前の駐車場をご利用いただけます

診療時間
 8:30~9:00
 9:00~12:00
13:00~15:00
15:30~18:30
  • 内視鏡検査(予約制)
  • 内視鏡検査(予約制・13:00~17:00)
  • 予約診療、胃カメラのみ
  • ※木曜日外来担当:日田医師(内科のみ)
  • ※泌尿器科は木曜日以外

休診日水曜、祝日

アクセス

阪急線『西宮北口』駅から 徒歩約21分

阪急線『門戸厄神』駅から 徒歩約14分

阪急バス『瓦木中学校前』停留所から 徒歩約2分

阪急バス『門前町南』停留所から 徒歩約2分

『西宮北口』駅から阪急バスでご来院いただく場合
阪急バス・西宮市内線50・39・西宮北口行に乗車(乗車時間約24分)
『瓦木中学校前』停留所下車
JR線『甲子園口』駅から阪急バスでご来院いただく場合
阪急バス・西宮市内線50・39・西宮北口行に乗車(乗車時間約8分)
『瓦木中学校前』停留所下車
MAP

西宮市で胃カメラ・大腸カメラの検査は『ほその内科 おなかクリニック』へご相談ください。

胃カメラ、大腸カメラ、内科、便秘の悩み、泌尿器科(頻尿、尿もれ)の悩みに女性医師(女医)の院長が対応いたします。
胃カメラ(予約制)は土曜日、日曜日も対応いたします。お気軽にご相談ください。
内科全般の診療経験をもとに、かかりつけ医として一般内科の様々なご相談、診療を行っております。
阪急線『西宮北口』駅、JR線『甲子園口』駅からご来院いただく場合は、阪急バスのご利用が便利です。

PAGETOP
Copyright © 2021 ほその内科 おなかクリニック All Rights Reserved.